前立腺がんの病気の進み方・悪化の仕方

前立腺がんの病気の進み方・悪化の仕方 - 前立腺癌の基礎知識

前立腺がんの病気の進み方・悪化の仕方

前立腺がんのガイド

前立腺がん病気の進み方・悪化の仕方についてご解説!

 前立腺がんの大部分は「外腺」という腺組織から発生します。最初は表面から始まり、それが徐々に広がっていくという形で進行していきます。

前立腺がんの進行の仕方〜前立腺からその外へ

前立腺がんの進行の仕方 前立腺がんは、外腺にできる「腺がん」が大半です。腺組織の表面に発生し、それが徐々に奥へと広がっていきます。

もっとも初期といえるのは、がんが上皮内(表面)にとどまっている状態です。つまり前立腺にすら広がっていない状態であり、「上皮内新生物」といって、一般的ながん(悪性新生物)とは区別されています。

ただしこの段階で発見できることは非常に稀で、多くは前立腺肥大症など、他の病気で手術を受けた際に偶然見つかる場合がほとんどです。

やがてがんは上皮から、前立腺の中へと広がっていきます。一般的にはこの段階が、早期の前立腺がんです。

前立腺以外の組織には浸潤していませんので、基本的に前立腺の全摘出で完治できる可能性が高くなります。ただし症状はまだ少ないため、検診を受けなければ発見は困難です。

やがてがんは前立腺をはみ出し、周りの器官やリンパ節へと浸潤していきます。前立腺がんの場合は、隣接する膀胱や精嚢に浸潤するケースが多く見られます。

前立腺がんは骨転移しやすい

  最終的に前立腺がんは、リンパや血液によって遠く離れた臓器にまで転移してしまいます。これが「遠隔転移」といわれる状態です。

転移する臓器としては肝臓や肺が多く見られます。前立腺がんの進行が比較的遅いとはいえ、ここまで至ってしまうと治療の方法はかなり限られてきます。

また前立腺がんでは、意外と早い段階から骨転移することも少なくありません。特に大腿骨や骨盤、腰椎への転移が多く、骨折がきっかけでがんに気づく人もいます。

そのため、前立腺がんと診断を受けた際には、骨転移を調べる「骨シンチグラフィ」という検査を行います。

どのがんにもいえることですが、完治するためにはなるべく早い段階で発見し、治療を開始することが大切です。そのためにも50歳を過ぎたら、年に1度は検査を受けるようにしましょう。

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ